木曜日, 1月 19, 2006

スタンダード曲(12)

Cry Me A River  

 ジュリー・ロンドンの唄でも有名な楽曲。
 泣いたらいい。私が泣いたように、あんたも泣いたらいい! 
 ほとんど恨み節です。

 Lucky Thompsonというテナー・サックスプレーヤーがいます。感情を荒げることなく静かに吹いています。(’65年)またバックにはトミー・フラナガンの ピアノも加わります。これまた、紳士的なくつろがない美学とでも言いましょうか、冷静に弾きます。そう感情を剥き出しにするなよ、若いもん。とたしなめら れているようです。

 こういう行儀の良い演奏もたまには、ありですね。
 PeopleとかAs Time Goes Byとか怪しげな曲も同じアルバムに入っています。ちょっと迎合しすぎじゃないの。


0 件のコメント: